残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

労働問題に関するQ&A

労働トラブルの相手先の会社を懲らしめてやりたいと思っています。何かよい方法はあるでしょうか?

日本では,労働トラブルの相手先の会社を直接懲らしめるために労働審判や訴訟を起こすことは,アメリカ等で認められている懲罰的損害賠償制度といった仕組みがないため,基本的にはできません。できることは,あくまで侵害された権利を回復することであり,相手方を懲らしめることを目的に訴訟などを起こすことは認められていないのが現状です。

ただし,相手方との交渉の中で,謝罪の意思を表明するように求めることは可能です。また,労働基準監督署に相談に行き,違反を是正させ,その違反の程度によっては罰金等の処罰を下してもらうこともできます。

ただし,労働基準監督署等による指導は,あなた自身の損害を回復させるものではなく,また謝罪を求めることもできません。ですので,自身の損害の回復や相手方からの謝罪を含めて,労働トラブルを総合的に解決するためには,法律の専門家である弁護士に相談することが重要です。

関連Q&A 労働トラブル全般について

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求のことなら何度でもご相談無料!

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。