残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

アディーレの残業代請求は成功報酬制0円 相談料無料0円 着手金無料0円 もっと気軽にご相談いただきたいからゼロ宣言

法律事務所として支店数No1 (2022年7月時点)

※支店数は,弁護士法人アディーレ法律事務所と弁護士法人AdIre法律事務所の合計です。

残業代請求・退職代行の弁護士への無料相談ならアディーレ法律事務所

    

ご来所不要

オンライン面談または電話での法律相談を実施しております

ご相談の際、ご来所いただく必要はありません!
オンライン面談またはお電話にて、ご自宅からご相談できます。
外出が困難な方・新型コロナウイルス感染への不安で外出を控えていらっしゃる方も、ご安心ください。
ご相談方法については、お気軽にお問い合わせください。

※オンライン相談をご希望の方は、カメラ付きのパソコンやスマートフォン、タブレットなどが必要です。

残業代請求
あなたの権利です!

今すぐ残業代を計算!

残業代メーター 残業代メーター

労働者に有利な法改正で、
請求できる残業代
増えました!

2020年の法改正によって、残業代請求権の時効が「2年」から「3年」に延長されました。
請求せずに放置していると、時効によって徐々に権利が失われていくこととなります。
最大3年分(※)の残業代が時効で消えていく前に、まずはご相談ください。

※2020年3月31日までに支払日の到来した賃金請求権(残業代請求権)については、消滅時効の時効期間は2年でした。労基法改正により、2020年4月1日以降に支払日の到来した賃金請求権(残業代請求権)の消滅時効の時効期間が3年となったため、2022年4月1日以降は2年以上前の残業代(2023年3月以降は最大3年分)も請求可能です。

弁護士による残業代請求ポイント

実際に未払い残業代を請求しようとすると、さまざまな困難に直面するかもしれません。
だからこそ、弁護士にご相談いただきたいのです。
アディーレの弁護士は、「困難」をどう解決して、残業代や解決金の獲得に至ったのか。
その答えが満載の本動画、ぜひご覧ください!

【未払い残業代請求】自分の職業だと無理かも…諦めないで!アディーレの弁護士による回収事例、一挙ご紹介

気になるニュースを"法"で見る

アディーレの弁護士が身近な法律の"ギモン"を解説するYouTubeコーナーから、労働トラブルにまつわるトピックを集めました。

関連動画はこちら(youtube)

弁護士相談するメリット

残業代は自分で請求することもできますが、弁護士に相談することで、さまざまなメリットがあります。

あなたの想いをカタチに変える
あなたの想い
カタチに変える
弁護士が法的根拠に基づき、
あなたに代わって交渉します。
煩わしい負担が軽減される
煩わしい負担
軽減される
会社との面倒なやり取りは全て任せられます。
解決まで一貫したサポートを受けられる
解決まで一貫した
サポート
を受けられる
交渉から労働審判の申立てや出廷、
労働訴訟までサポートします。

相談するメリット一覧はこちら

残業代請求に関するご相談は何度でも無料!

  • 残業代請求のご相談なら、何度でも無料です!
  • 会社に対して、何らかの請求や主張をするお考えがない場合、ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。

1日8時間、または週40時間を超えて働く方は、残業代請求が可能です!

え?こんなに!? あなたの残業代請求を弁護士がサポートします!

サービス残業はもうたくさん!残業代を取り戻そう!

アディーレなら、弁護士費用は「成功報酬制」

アディーレでは、皆さまが安心して弁護士に依頼することができるよう弁護士費用は、
経済的利益を獲得するまではいただかない成功報酬制といたしました。

成功報酬制についてはこちら

あなた会社残業代
支払ってくれていますか?

「会社からは残業代は支払われないと聞いている」

「この業界では、残業代が出ないのは当たり前

このような理由で、残業代をあきらめてはいませんか?しかし、会社が独断で「ウチは残業代を支払わない」と決めることはできません。

もし、職業を理由に残業代が支払われていないのであれば、泣き寝入りしなくても大丈夫です!

残業代特設ページはこちら

あなたの職業でも、残業代は支払われます!

労働問題
弁護士による解決方法

示談のよる解決

不当解雇など増え続ける労働問題。会社との間で起こった労働トラブルについて、話し合いで解決を図ることを…

労働審判のよる解決

労働問題を解決するために、新しく導入された労働審判。スピーディーかつ柔軟に労働トラブルの解決が期待…

労働問題の解決方法はこちら

労働問題関する
よくある質問

有給休暇の有効期限を会社が勝手に決めることができるのですか?

有給休暇の有効期限については法律で定められており、勤務開始後6ヵ月で発生し、その2年後に消滅します(労働基準法第115条)。通常、勤務期間の長さに応じて取得できる有給休暇も多くなりますが… 詳しく見る 詳しく見る

会社から給与明細をもらえません。これは違法ではありませんか?給与明細を発行させる方法はありませんか?

所得税法に違反し違法となります。所得税法第231条1項は「居住者に対し国内において給与等、退職手当等または公的年金等の支払いをする者は、財務省令で定めるところにより、その給与等、退職手当等… 詳しく見る 詳しく見る

残業代は、いつまで遡って請求することができますか?

労働基準法では、未払い分の賃金について、時効により3年(※1)で消滅すると規定しています。ここでいう「賃金」とは、労働の対償として支払われるものすべてをいいますので、残業代も含まれることになります。… 詳しく見る 詳しく見る

よくある質問の一覧はこちら

労働問題基礎知識

今,あなたがしているサービス残業。その残業代,請求しませんか?

時計アイコン 残業代請求・未払い賃金
勤務先に残業代を払ってもらえず悔しい思いをしているあなた。あきらめず、弁護士と一緒に取り戻しましょう。残業代請求のポイントや業種別の解決事例をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

残業代請求についてはこちら

成功報酬制についてはこちら

労働問題の基礎知識はこちら

退職代行についてはこちら

会社を辞めたい…でも揉めたくはない… 労働問題に詳しいアディーレの弁護士があなたの円満退職をしっかりサポート!

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求に関するご相談は何度でも無料!

  • 残業代請求のご相談なら、何度でも無料です!
  • 会社に対して、何らかの請求や主張をするお考えがない場合、ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。