残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

労働問題に関するQ&A

残業代を貰っているとはいえ,雇用契約で定められた労働時間に比べ,実際の勤務時間が長すぎます。これは違法ではありませんか?

残業が認められるためには,いわゆる36(サブロク)協定を会社と従業員の過半数代表者の間で締結する必要があります。会社が36協定を締結せずに従業員を残業させている場合や,36協定を超える残業を命じている場合には,労働基準監督署に申告にすることで,調査,指導・監督がなされる可能性があります。

関連Q&A 労働時間や有給休暇について

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求のことなら何度でもご相談無料!

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。