残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

労働問題に関するQ&A

有給休暇は在職6ヵ月後に取れると聞いたのですが,試用期間の3ヵ月はカウントされないのですか?

結論から言いますと,試用期間の3ヵ月間もカウントされます。つまり,試用期間を含んだ6ヵ月以上の継続勤務があり,かつ,全労働日の8割以上の出勤があれば有給休暇を取得することができるのです。

試用期間とは,通常,入社前の審査だけでは新しく採用した人の適格性を十分に把握することができないため,一定期間の勤務状況などを観察することによって本採用とするかどうかを判断するための期間です。

適格性がないと判断された場合,会社側は留保されていた解約権を行使することができますが,試用期間はあくまでも解約する権利が留保された「労働契約」であって,社員として勤務していることに変わりはありません。

そのため,有給休暇取得の要件である6ヵ月以上の継続勤務の中には試用期間も含まれ,試用期間を含んだ6ヵ月以上の継続勤務があり,かつ,全労働日の8割以上の出勤があれば有給休暇を取得することができます。

関連Q&A 労働時間や有給休暇について

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求のことなら何度でもご相談無料!

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。