残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

労働問題に関するQ&A

会社を無断で辞めてしまいました。受け取っていない給与がありますが、請求することはできますか?

会社から給与を受け取っていない場合、会社側は未払い分の給与を支払う義務がありますので、支払を請求することができます。無断で辞めた場合であっても同様です。あなたが労働した事実には変わりないので、働いた分の給与を請求することに問題はありません。

ただし、給与を支払うよう請求する権利は2年(※)で時効となってしまいますから、支払予定日から2年(※)が経過していた場合は、請求することはできません。

また、会社に無断で辞めてしまったとのことですが、会社は、無断で辞めたことによって損害を被ったとして、あなたに対して損害賠償を請求してくる可能性もあります。そうなった場合、未払い分の給与を請求したとしても、結局それ以上の支出を余儀なくされるということもあり得ますので注意してください。

※法改正により、2020年4月1日以降に支払日が到来した賃金請求権(残業代請求権)の消滅時効期間は、3年に変更となりました。2020年3月31日までに支払日の到来した賃金請求権(残業代請求権)については、従前のとおり、消滅時効期間は2年のままです。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求に関するご相談は何度でも無料!

  • 残業代請求のご相談なら、何度でも無料です!
  • 会社に対して、何らかの請求や主張をするお考えがない場合、ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。

0120-610-241 朝9時~夜10時まで土日祝日も休まず受け付けております