残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

労働問題に関するQ&A

特に上司に指示されたわけではないのですが,残業をしています。残業代を請求できますか?

特に会社からはっきりとした指示があったわけではないものの,時間外に残業をするという経験をされた方は多いのではないでしょうか。

業務命令に基づかない残業については,正規の労働時間にはあたらないため,原則として会社側に割増賃金の支払義務はありません。

そのため,特に指示されたわけではなく個人的に残業をした場合,労働者は割増賃金を請求することはできません。ただし,会社側から明示的な指示がなくても,黙示的な指示があると認められる場合,そのような残業は労働時間として取扱われるため,労働者は割増賃金を請求することができます。黙示の指示があったかどうかは,個別具体的に判断する必要があります。

たとえば,コンピューター会社に勤める労働者がプログラムの開発を命じられ,その業務内容からして所定の労働時間内では完遂することが困難であり,時間外労働をしなければ納期に間に合わないことが客観的に明らかな場合,会社側からの黙示の指示があったとして,割増賃金の請求が認められる可能性があります。

関連Q&A 労働時間や有給休暇について

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求のことなら何度でもご相談無料!

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。