残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

労働問題に関するQ&A

退職するのですが,一定期間,同業他社への就業を禁止するという書面にサインを求められました。これは違法ではありませんか?また,サインしなければ辞めさせないと言われていますが,違法ではないのでしょうか?

裁判の判例では,職業選択の自由との兼ね合いで,そのような契約が認められるには,かなり厳しい要件が課せられています。具体的には,

  1. 守るべき企業の利益があるかどうかを踏まえつつ,競業避止義務契約の内容が目的に照らして合理的な範囲に留まっているか
  2. 従業員の地位
  3. 地域的な限定があるか
  4. 競業避止義務の存続期間
  5. 禁止される競業行為の範囲について必要な制限がかけられているか
  6. 代替措置が講じられているか

などから判断されることになります。個別具体的な事情を総合的に判断する難しい問題ですので,まずは弁護士にご相談ください。

関連Q&A 会社との労働契約について

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求のことなら何度でもご相談無料!

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。