残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

労働問題に関するQ&A

就業規則なんて見たことないのですが,どこの会社にもあるのですか?

労働基準法は,「常時10人以上の労働者を使用する使用者は,就業規則を作成し,行政官庁に届けなければならない」と定め,就業規則に記載した各事項について変更した場合にも,行政官庁に対する届け出を義務付けています。これに違反した場合,30万円以下の罰金が科されます(労働基準法89条,120条)。

ですから,正社員やアルバイトを問わず,常時10人以上の労働者を使用しているのであれば,就業規則は存在するものと考えられます。ちなみに「10人以上」とは,会社単位ではなく事業場を単位として計算します。全体で10人を超える会社であっても,それぞれの事業場で働く従業員が10人未満であれば,就業規則を作成して届け出る義務はないことになるのです。もっとも,10人未満であっても就業規則が作成されている会社もあるので,ぜひ確認してみることをおすすめします。

なお,労働基準法は,「使用者は,就業規則を,常時各作業場の見やすい場所へ掲示し,又は備え付けること,書面を交付することその他の厚生労働省令で定める方法によって,労働者に周知させなければならない」と定めています(同法106条)。

関連Q&A 会社との労働契約について

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求のことなら何度でもご相談無料!

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。