残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士・司法書士紹介 弁護士費用

労働問題の解決事例集

ケース 76 証拠は3ヵ月分だけ…。弁護士が証拠のない期間も含めて請求し、残業代180万円を獲得!

Oさんの解決事例(男性・20代)
ご依頼内容 残業代の請求
雇用形態 正社員

相談までのできごと

自動車販売店のディーラーとして働いていたOさん。定時は午前9時~午後6時でしたが、毎朝早く出社して開店準備を行い、定時が過ぎた後も閉店時間まで働くのが当たり前の生活を送っていました。しかも、いつお客さまがいらっしゃるかわからなかったため、休憩も満足にとることができませんでした。しかし、残業代はいっさい支払われず、Oさんはずっと不満を抱いていました。そして、退職が決まると、残業代を請求できないか弁護士に話を聞きたいと考え、当事務所にご相談くださいました。

弁護士の対応

Oさんから詳しくご事情を伺うと、会社にはタイムカードや日報は存在しないとのことで、毎日、本社に送付している業務メールを3ヵ月分保管されていました。弁護士は、メールの送信時間が、その時間まで働いていたことを示す証拠となり得ること、証拠が3ヵ月分しかなくても、それ以前の残業代も請求できることをご説明しました。

ご依頼後、弁護士はメールの送信時間を基に過去3ヵ月分の残業代を計算し、メールがない期間は、過去3ヵ月の送信時間の平均から残業代を算出しました。さらには、休憩を満足にとることができなかった点も考慮して未払い残業代の合計額を会社に請求しました。会社は未払い残業代が発生していることは認めつつも、未払い残業代の発生時間について反論してきました。そして交渉を重ねた結果、残業代180万円以上がОさんに支払われることで合意に至りました。証拠が3ヵ月分しかないにもかかわらず、180万円以上もの残業代を獲得できたことに、Оさんにもご満足いただくことができました。

180万円以上

今回のように、証拠が一部しかないため、残業代が獲得できないのではないかという不安を抱いている方も多くいらっしゃると思います。しかし、弁護士であれば、一部の証拠を基にして、証拠がない期間の残業代を計算し、請求することが可能です。証拠がないからとあきらめず、まずは弁護士にご相談ください。当事務所は、残業代請求に関するご相談は何度でも無料で承っております。

※現在アディーレでは、残業代請求を含む労働トラブルと、退職代行のみご相談・ご依頼をお引き受けしております。 残業代請求と退職代行に関するご相談は何度でも無料ですので、お気軽にお問合せください。

残業代請求のことなら
何度でもご相談無料

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求に関するご相談は何度でも無料!

  • 残業代請求のご相談なら、何度でも無料です!
  • 会社に対して、何らかの請求や主張をするお考えがない場合、ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。