ケース146 タクシー会社の反論を弁護士が事前に想定。請求金額の満額となる残業代70万円を獲得!

Aさんの解決事例(男性・60歳代)

ご依頼内容 残業代の請求 雇用形態 正社員

相談までのできごと

Aさんは,タクシー会社でドライバーとして働いています。残業手当は,毎月の給与のなかで支払われていました。しかし,Aさんは,自分の労働時間に比べて,残業手当が少なすぎるのではないかと考え,当事務所へ相談されました。

相談時,弁護士から

Aさんの話を聞いた弁護士は,未払い残業代を請求できる可能性が高いことや,タクシー会社が反論してくる内容はある程度想定できるため,迅速な交渉が可能だと伝えました。弁護士の説明を受けたAさんからは,正式にご依頼いただきました。

依頼後,弁護士の対応

弁護士はまず会社に対して,Aさんの労働時間が分かる出勤簿などの提出を求めました。会社は,請求した期間全ての出勤簿や規定類を開示しました。弁護士がそれら資料を元にAさんの未払い残業代を計算したところ,約70万円あることが判明しました。弁護士は計算結果と共に,タクシー会社から反論される内容を想定し,それらを考慮に入れた内容の書面を作成して,会社に支払いを求めました。会社は,支払いの意思はあるものの,経営難であることを理由に減額を求めてきましたが,弁護士は強気に交渉を続け,会社が請求金額の満額を支払うことで和解に至りました。

獲得した解決金 70万円

残業代を請求すると,会社は支払いを避けるために,さまざまな主張や反論をします。弁護士なら,それらを事前に想定し,先回りして対応することが可能です。先回りが,早期解決へとつながります。残業代請求をお考えの方は,ぜひ当事務所までご相談ください。

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績45万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。