ケース63 退職した会社に未払い残業代を請求。弁護士の巧みな主張で175万円の獲得に成功!

Bさんの解決事例(男性・30歳代)

ご依頼内容 残業代の請求 雇用形態 正社員

ドラッグストアで店長を任されていたBさんは,上司との関係に悩んでいました。何か事あるごとに上司から一方的に責め立てられ,必要以上の指導を受けている,これはパワハラではないかと疑問に感じていました。それでも懸命に働き続けたBさんでしたが,遂に上司との関係に限界を感じ,退職することにしました。そして退職を機に,在職中に支払われていなかった残業代のことや,上司との関係について,労働トラブルに詳しい弁護士に話を聞いてみたいと考え,当事務所にご相談くださいました。

Bさんから詳しくお話を伺うと,残業代を請求するために,過去1年間のシフト表と勤務表を保管されていました。また,上司とのやりとりについても,詳細にお伺いしました。そのうえで弁護士は,保管していた証拠を基に残業代を計算し,会社に請求できること,パワハラについては,不法行為だと認めさせるのは難しいかもしれないが,残業代の請求の交渉材料にすることで,パワハラも加味した残業代を獲得できる可能性があるとご説明しました。

ご依頼後,弁護士はすぐに未払い残業代を計算し,会社に請求をしました。これに対して会社は,残業代の支払こそ認めたものの,当事務所の請求よりも低い金額を提示してきました。そこで弁護士は,会社と金額の交渉を行い,Bさんが上司からパワハラを受けていたことを強く主張していきました。その結果,会社は,当初提示していた金額からの増額を認め,Bさんに残業代175万円が支払われることで合意に至りました。

今回のように,残業代や退職金の未払い,不当解雇,退職勧奨など,会社から受けた理不尽な扱いに憤りを感じている方は多くいらっしゃると思います。会社から受けた扱いが不法行為に該当するかを判断するには,労働トラブルに関する専門知識が必要ですので,ぜひ,弁護士までご相談ください。弁護士は,一人ひとりのご事情を詳しくお伺いしたうえで,依頼者の方にご納得いただける解決を目指して会社と交渉をいたします。当事務所では,残業代請求に関するご相談は何度でも無料です。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。