必要なのは弁護士に相談することだけなんです。残業代・解雇で泣き寝入りにはさせません。退職する前に、まずは無料相談。
  • [書籍]ブラック企業に倍返しだ!

労働問題の解決方法

示談による解決

不当解雇など増え続ける労働問題。会社との間で起こった労働トラブルについて,話し合いで解決を図ることを示談と呼びます。示談交渉は,手続や形式が決まっていませんので,簡単なようにも思えます。しかし,弁護士を間に入れず,当事者同士で行う示談交渉には大きな落とし穴があるのです。

  • さらに詳しく

労働審判による解決

労働問題を解決するために,新しく導入された労働審判。スピーディーかつ柔軟に労働トラブルの解決が期待できる労働審判ですが,手続が短くて済むということは,逆に綿密な準備をして臨まなければなりません。長引く不況により,未払い残業代の請求など,弁護士への労働審判の依頼が増えています。

  • さらに詳しく

What's new

2015.01.28
労働問題の解決事例集に「ケース57 弁護士が会社の対応は退職強要だと鋭く指摘。依頼者の方を退職の危機から守る!」を追加しました
2015.01.23
知っておきたい労働基準法に「会社を自己都合退職しました。3ヵ月の給付制限期間中のアルバイトは可能ですか?」を追加しました
2015.01.21
労働問題の解決事例集に「ケース56 妊娠を理由に退職強要。弁護士の交渉で解決金130万円を獲得し,納得して退職へ」を追加しました
2015.01.16
知っておきたい労働基準法に「失業保険の受給中に,アルバイトをすることは可能ですか?」を追加しました
2015.01.14
労働問題の解決事例集に「ケース55 弁護士が労働審判で不当解雇を強く主張。理不尽な対応を続けた会社から解決金を獲得!」を追加しました
2015.01.09
知っておきたい労働基準法に「雇用保険に加入していても,失業保険を受給できない場合はありますか。」を追加しました
2015.01.07
労働問題の解決事例集に「ケース54 数日欠勤しただけでの解雇は不当。弁護士が労働審判を活用し,解決金140万円を獲得!」を追加しました
2014.12.26
知っておきたい労働基準法に「会社が雇用保険を支払っていなかったため,離職票が発行されず,失業保険の給付を受けることができません。どうすればいいでしょうか?」を追加しました
  • バックナンバー

弁護士 篠田 恵里香

労働問題のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 労働問題・労働トラブルのご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績20万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。