必要なのは弁護士に相談することだけなんです。残業代・解雇で泣き寝入りにはさせません。退職する前に、まずは無料相談。
  • [書籍]ブラック企業に倍返しだ!

労働問題の解決方法

示談による解決

不当解雇など増え続ける労働問題。会社との間で起こった労働トラブルについて,話し合いで解決を図ることを示談と呼びます。示談交渉は,手続や形式が決まっていませんので,簡単なようにも思えます。しかし,弁護士を間に入れず,当事者同士で行う示談交渉には大きな落とし穴があるのです。

  • さらに詳しく

労働審判による解決

労働問題を解決するために,新しく導入された労働審判。スピーディーかつ柔軟に労働トラブルの解決が期待できる労働審判ですが,手続が短くて済むということは,逆に綿密な準備をして臨まなければなりません。長引く不況により,未払い残業代の請求など,弁護士への労働審判の依頼が増えています。

  • さらに詳しく

What's new

2014.12.19
知っておきたい労働基準法に「退職するのですが,一定期間,同業他社への就業を禁止するという書面にサインを求められました。これは違法ではありませんか?また,サインしなければ辞めさせないと言われていますが,違法ではないのでしょうか?」を追加しました
2014.12.17
労働問題の解決事例集に「ケース52 弁護士がタイムカードを基に主張。依頼から1ヵ月未満で未払い残業代の獲得に成功!」を追加しました
2014.12.12
知っておきたい労働基準法に「機密保持の誓約書に署名捺印を求められています。これは拒否できませんか?また,拒否した場合に後から訴えられるようなことはありませんか?」を追加しました
2014.12.10
労働問題の解決事例集に「ケース51 整理解雇ではなく不当解雇だ!弁護士が労働審判で鋭く主張し,解決金の獲得に成功!」を追加しました
2014.12.09
労働問題に関するQ&Aに「職場で困っていることがあるのですが,どうしたらよいかわかりません。どんなことでも相談にのってくれますか?」を追加しました
2014.12.05
知っておきたい労働基準法に「退職することになったのですが,会社から,入社時に提出した履歴書を返却してもらうことはできますか?」を追加しました
2014.12.03
労働問題の解決事例集に「ケース50 突然の解雇,会社は話し合いを拒否。弁護士に依頼し,解決金200万円を獲得して和解に!」を追加しました
2014.11.28
知っておきたい労働基準法に「自分の過去の職歴など,履歴書に記載した内容を同僚にばらされました。個人情報の漏洩として,会社を訴えて金銭を請求することはできますか?」を追加しました
  • バックナンバー

弁護士 篠田 恵里香

労働問題のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 労働問題・労働トラブルのご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績20万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。