ケース110 毎月100時間の時間外労働。でも,残業代は一部だけ?弁護士が交渉し,140万円を獲得!

Uさんの解決事例(男性・30歳代)

ご依頼内容 残業代の請求 雇用形態 正社員

Uさんは,販売会社でドライバーとして勤務をしていました。仕事にやりがいをもって働いていましたが,毎月100時間程度の残業があることに関しては,大きな不満でした。そして,その不満が次第に大きくなり,退職することを決めたUさんは,在職中に支払われなかった分の残業代を請求したいと思い,当事務所にご相談くださいました。

詳しくお話を伺うと,毎月10万円程度の残業代は支給されていたものの,残業時間に見合った金額ではなく,明らかに未払い分があるとUさんは感じていらっしゃいました。また,就業時間前に業務の準備を行っており,その時間は,労働時間としてカウントされていなかったとのことでした。弁護士は,未払い金額を計算して請求できること,就業時間前の労働は,早出残業と呼ばれ,残業代の一部として請求できることをご説明すると,Uさんは正式にご依頼くださいました。

ご依頼を受けて弁護士は,Uさんが証拠となる資料を持っていなかったため,会社に対してタイムカードや就業規則,給料明細などの開示を求めました。すると,会社の代理人である弁護士から開示に応じる回答があり,届いた資料から未払い残業代を計算し,支払を強く求めていきました。その結果,初回の返答で「未払い残業代の支払に応じる。和解をしたい」という提案があり,Hさんに未払い残業代140万円が支払われることで合意に至りました。

今回のように,残業代が支払われていたとしても,残業時間に対して不足していた場合,不足分を未払い残業代として請求することができます。弁護士にご依頼いただければ,タイムカードなどから未払い残業代を計算し,会社に対して支払を強く求め,残業代の獲得に全力を尽くします。残業代請求に関するご相談は何度でも無料ですので,当事務所までお気軽にご相談ください。

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。