残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

当事務所の弁護士・司法書士紹介

弁護士 菅野 育子

かんの いくこ

池袋本店
菅野 育子
資格
弁護士
所属
第一東京弁護士会
出身
茨城県
出身大学
東北大学法学部、上智大学大学院博士前期課程法学研究科法律学専攻、上智大学法科大学院

ご挨拶

人生にはさまざまなことが起こります。苦しんで、辛い悩みを抱えることもあります。そのようなときに、法律家として寄り添える弁護士でありたいと考えています。必ずしも正解が見つかるとは限りません。しかし、依頼者の方とともに少しでもよい方向に物事が進んで行くように考え、実践していきたいと思っています。

私のキーワード

その1「読む」

読書が好きです。字が書いてあるものなら何でも読みたいと思います。弁護士として日々勉強が必要だと考えていますので、日頃から法律書などを読んでいますが、そのほかにも小説やノンフィクションなどを読んでいます。小説は、特に海外のミステリー小説に興味があります。小説は自由に書けそうでいて、登場人物のキャラクターをどういったものにするか、ストーリーの展開をどう構成するかなど、さまざまな制約があります。その制約のなかで、工夫を凝らして創られているところが面白いです。

その2「食」
食べることが好きです。苦手なものはあまりなく、フランス料理やイタリア料理、タイ料理など何でも食べます。体重増加が心配ですが、休日に食べ歩きをして楽しんでいます。食べるほうが好きですが、日常のなかではいろいろ料理もしています。キーマカレーやハンバーグなど、日常的に食べるものでも、食材の選定や調味料の配合具合、加熱時間など、おいしく仕上げるために考慮することが多く、料理中少しも気が抜けないというところが料理の難しさと楽しさだと思います。
その3「視聴」
音楽を聴いたり、映画を観たりすることが好きです。音楽は、通勤時や夜寝る前などスキマ時間に必ず聴いています。J-POPや洋楽、演歌など、ここ40年くらいの間にリリースされた曲を何でも聴いているので、アーティストの年齢も20代から70代と幅広いです。映画は、洋画を中心に観ていて、休日にはよく映画館に出かけています。映像表現の世界は、文字での表現である本とはまた違った面白みがあります。サブスクリプションの形でも観たいのですが、なかなか時間が取れません。

弁護士・司法書士紹介へ戻る

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求に関するご相談は何度でも無料!

  • 残業代請求のご相談なら、何度でも無料です!
  • 会社に対して、何らかの請求や主張をするお考えがない場合、ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。