残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

当事務所の弁護士・司法書士紹介

弁護士 山下 隆司

やました たかし

広島支店
山下 隆司
資格
弁護士、調理師
所属
広島弁護士会
出身
大阪府
出身大学
広島大学法学部
所属委員会等
子どもの権利委員会、刑事弁護センター委員会、労働法制委員会、法科大学院運営支援委員会

ご挨拶

私は以前、小さな飲食店と雑貨店を営んでいました。そのなかで、自分も含め、「一般社会に生きる人は、それほど法律のことを考えて生きていない」と感じることが多々ありました。実際に法律のことを考えるのは、いざ自分が事業を起こすなど何かをしようとしたとき、あるいはトラブルが生じたときです。そんなとき、身近な人に生じた法律問題を解決する手助けができないかと思い立ち、弁護士を目指し、今に至ります。少しでも皆さんの抱える問題を解決する手助けができるよう、一人ひとりに向き合える弁護士でありたいです。

私のキーワード

その1「料理」

料理を食べるのも作るのも好きです。3年くらい前に餃子ともつ鍋にハマり、ある週末、1回で食べきれない量の餃子を作ってしまい、2日間、毎食餃子という日がありました。最近気づいたのですが、もともと何かを作るのが好きみたいです。一人で集中して完成させた料理を食べ終わる頃には、なんとも言えない満足感と解放感、そして満腹感があります。最近は、週末に時間をかけて料理を作ることで、リフレッシュしています。

その2「自転車」

通勤も日常生活も自転車とともに過ごしてきたほど、自転車が大好きです。競技用ではなく、普通の自転車でプラプラするのが好きです。プラプラするついでに通ったことのない道に入ると、店や公園など新たな発見があり楽しいです。なかには、情報誌に載ってない店を見つけることもあり、その店の料理がおいしかったときは妙に嬉しくなります。あまりにも自転車に乗る頻度が高いので、ある夏に移動距離を測ってみると、なんと1,300㎞もありました。新しい店探しの際、辺りをきょろきょろする挙動を怪しまれ、たまに職務質問されることがあるのが難点です。

その3「友人」

友人は多いほうだと思います。それこそ小・中・高、大学、社会人と年齢を重ねて、どの世代でも大切な友人に出会うことができました。各世代に分けると、それほど人数が多いわけではありませんが、私が何かするたびに心配しながらも応援してくれる、何ものにも代えがたい大切な存在です。今では皆忙しく、生活習慣や趣味も違うため、年に数回会う程度ですが、たまに会って食事に行くと、特に悩みを相談したりしなくても元気になります。これから出会う人とも、そのような関係を築けたらいいなと思います。

弁護士・司法書士紹介へ戻る

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求に関するご相談は何度でも無料!

  • 残業代請求のご相談なら、何度でも無料です!
  • 会社に対して、何らかの請求や主張をするお考えがない場合、ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。