残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士・司法書士紹介 弁護士費用

当事務所の弁護士・司法書士紹介

 小阪 信

こさか まこと

池袋本店
小阪 信
資格
有資格者登録中
出身
大阪府
出身大学
早稲田大学法学部

ご挨拶

はじめまして、弁護士の小阪信と申します。世間の荒波に揉まれて、悩みを抱える皆さまの力になりたいです。そして一緒に解決策を探っていくことを通じて、社会に貢献できればと思います。一人で抱えこんでしまうのではなく、誰かに相談するという選択肢も試してみませんか?ぜひお気軽にご相談ください。

私のキーワード

その1「2001年:延世大学 学生食堂」

期限ギリギリでワーキングホリデービザを取得し、念願だった韓国での生活を送っていました。机を東京からソウルに移しただけで、司法試験受験生としての日常は、東京でのそれと変わりません。それでも、外から聞こえてくる物売りの声に韓国を感じました。朝晩の食事は下宿のまかないで済ませ、昼は近くにある延世大学の学食に通って食べていました。そこで食べた1500ウォン(約150円)の野菜ビビンバが忘れられません。文字どおり肉類は入っていませんが、半熟目玉焼きとヤンニョム(タレ)が絶品で、週2~3回は食べていました。

その2「1994年:『西便制』 」

大学6年生のときに初めて見た韓国映画で、「パンソリ」という伝統民謡の旅芸人一家を扱っていました。詳しい内容は忘れてしまいましたが、芸を極めるために道徳を犠牲にするという芸術至上主義がテーマでした。芸のために視力を奪われたヒロインのオ・ジョンへさんが絶唱するラストシーンは、銀幕がかすんで見えませんでした(斉藤由貴さんの『初恋』風に言ってみました。涙で前が見えないという意味です)。

その3「1988年:ソウル五輪」

高校3年の夏、ソウル五輪をテレビで見ていました。柔道の試合などで、日本人選手の対戦相手には大声援を送る反面、日本人選手が勝つと会場が静まり返る光景を見て、こんなに日本に関心を持ってくれている人たちがいるのだと驚きました。他方で、当時は韓国に対する日本人の関心が低く、不均衡だと思いました。今振り返れば、これが韓国に興味を持つきっかけでした。

弁護士・司法書士紹介へ戻る

残業代請求のことなら
何度でもご相談無料

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求に関するご相談は何度でも無料!

  • 残業代請求のご相談なら、何度でも無料です!
  • 会社に対して、何らかの請求や主張をするお考えがない場合、ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。