残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

労働問題に関するQ&A

不景気だからといって,給与の現物支給は許されるのですか?

給与は金銭で支給されるものですが,食事の支給や自社商品の値引販売など,モノや権利などで支払われる場合もあり,これを「現物支給」と呼びます。

労働基準法では,「賃金は,通貨で,直接労働者に,その全額を支払わなければならない」と定めています(労働基準法24条)。そのため,たとえ不景気であったとしても,現物支給は原則として認められません。仮に,労働者が現物支給に同意したとしても同じです。また,通貨の給付とあわせて,給与の一部を現物支給とすることも認められません。

ただし,労働協約等によって別の定めがあれば,現物支給が認められる余地もあります。まずは,会社や会社の労働組合に労働協約の有無やその内容を確認してみてください。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求に関するご相談は何度でも無料!

  • 残業代請求のご相談なら、何度でも無料です!
  • 会社に対して、何らかの請求や主張をするお考えがない場合、ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。