残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

労働問題の解決事例集

ケース 73 あらぬ疑いをかけられ10年勤めた会社から解雇。弁護士に依頼し,解雇を取消,解決金を獲得!

Fさんの解決事例(女性・40歳代)
ご依頼内容 不当解雇・退職
雇用形態 正社員

Fさんは,保険事務所に約10年,勤めていました。従業員が5人以下のアットホームな企業で,Fさんは,本来の事務職以外に現金の管理も任されていました。しかしある日,Fさんが管理していた現金数万円がなくなってしまいました。理由がわからず困っていると,社長から「Fさんが着服した」と決めつけられ,ほどなくして「今日で辞めてもらう。明日から来なくていい」と解雇を告げられてしまいました。濡れ衣を着せられて,解雇されたことに納得できなかったFさんは,労働トラブルに詳しい弁護士に話を聞きたいと考え,当事務所にご相談くださいました。

Fさんから詳しくお話を伺い弁護士は,不当解雇といえる可能性が高いこと,会社に不当解雇を主張することで,解雇の取消や金銭の獲得が認められることをお伝えしました。Fさんは説明に耳を傾け,「このまま泣き寝入りしたくない」と,当事務所に正式にご依頼くださいました。

ご依頼後,弁護士はすぐ会社に連絡を取り,交渉をスタートさせました。Fさんは会社の金銭を着服しておらず事実無根であること,そのため,解雇に正当な理由はなく不当解雇であること,Fさんは10年間も勤めた会社から解雇され,深く傷ついたことなどを主張していきました。会社も反論してきましたが,弁護士は,あきらめることなく粘り強く交渉を重ねました。その結果,解雇が取り消されて会社都合退職となり,Fさんに解決金として50万円が支払われることで合意に至りました。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求のことなら何度でもご相談無料!

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。