残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

労働問題の解決事例集

ケース 72 パートでも一方的な解雇は許されない!弁護士に依頼し,不当解雇が認められて解決金を獲得!

Mさんの解決事例(女性・20歳代)
ご依頼内容 不当解雇・退職
雇用形態 パート

メーカーの直営店でパート社員として働いていたMさん。ある日,別の店舗で働くことが決まり,新たに半年間の雇用契約を結ぶことになりました。しかし,その際に店舗がMさんの雇用契約書を紛失していたことがわかりました。ずさんな管理にMさんは,しっかりしてほしいと,本社の担当社員を指摘しました。すると数日後,Mさんは,具体的な理由の説明などはいっさいないまま解雇を言い渡され,後日,能力不足や協調性がないことが理由に書かれた解雇通知書が送付されてきました。会社の対応に疑問を感じたMさんは,パートでも不当解雇を主張することができるのか弁護士に聞きたいと,当事務所にご相談くださいました。

詳しくお話を伺い弁護士は,パートでも正社員と同じ基準で解雇の妥当性が判断されるものであり,不当な解雇である場合は,解決金などを獲得できる可能性があることをご説明しました。また,新たに結んでいた契約の書面を所有していたため,契約書を証拠に不当な解雇であると主張していけることをご説明しました。

ご依頼後,弁護士は早速,会社との交渉をスタートさせました。弁護士は,解雇理由として挙げられているものはすべて事実無根であり,不当解雇だと強く主張しました。会社は.解雇予告手当を支給したことを理由に,解決金の支払を拒否してきましたが,「半年間の契約期間中は働くつもりだった。納得できない」というMさんのお気持ちに応えるため,弁護士は強く反論し,会社に解決金の支払を求め続けました。その結果,会社が解決金65万円を支払うことで合意に至りました。ご依頼から2ヵ月で解決し,Mさんにもご満足いただくことができました。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求のことなら何度でもご相談無料!

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。