残業代請求などの労働問題は弁護士に無料相談 アディーレ法律事務所

基礎知識 ご相談の流れ 選ばれる理由 事務所案内 弁護士紹介 弁護士費用

労働問題の解決事例集

ケース07 本採用取り消しは不当!弁護士が交渉し,解決金100万円を獲得。1ヵ月未満でのスピード解決!

Sさんの解決事例(男性・30歳代)
ご依頼内容 不当解雇・退職
雇用形態 正社員(試用期間中)

Sさんは,ネットワーク機器メーカーに正社員で入社し,半年間は試用期間として勤務することになりました。しかし,入社して1週間後に体調を崩してしまい,会社を欠勤すると,欠勤4日目に会社から本採用取り消し通知が届いて失職してしまいました。

通知書には,本採用取り消しの理由として,指揮命令違反,勤務態度不良,健康状態不良があるため,従業員としてふさわしくないと書かれていました。Sさんは,業務命令に応えられなかったことや,納期を守れなかったことがあったことは自覚していましたが,それだけで何の前触れもなく本採用を取り消されてしまったことに納得できませんでした。そこで,労働トラブルに詳しい弁護士の意見を聞きたいと,当事務所にご相談くださいました。

当事務所の弁護士は,Sさんからお話を伺い,Sさんの就労態度や就労状況は重大な就業規則違反にあたるようなものはなく,本採用の取り消しは不当である可能性が高いとご説明しました。

ご依頼を受けた当事務所は,すぐに,会社側との話し合いを始めたところ,会社側が本採用取り消しの撤回,または解決金をSさんに支払うという和解案を提示してきました。そこで,Sさんの意向をお伺いし,解決金100万円の支払と,「解雇」と書かれていた離職票の表記を「自己都合退職」に変更するよう主張しました。その結果,当事務所の主張が全面的に認められ,ご依頼から1ヵ月未満で合意に至ることができ,スピード解決となりました。

今回のように,会社は就業規則違反などを理由に,本採用の拒否や解雇を正当化しようとしてきますが,従業員によほどの違反行為がない限り,本採用の拒否や解雇は法的に認められるものではありません。

弁護士  正木 裕美  [愛知県弁護士会]

残業代請求のことなら何度でもご相談無料!

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。
    あらかじめご了承ください。