残業代の計算方法を教えてください。

まずは,残業代の計算に必要となる割増賃金の割合を知っておきましょう。残業した場合,通常賃金より時給が高くなります。働いた時間帯や休日出勤の有無によっては,割り増される賃金はさらに高くなります。

(1)時間外労働=1日8時間,週40時間を超える労働(通常賃金の25%割増)
(2)休日労働=1週1日,4週4日の法定休日に労働(通常賃金の35%割増)
(3)深夜労働=午後10時以降午前5時までの深夜労働(通常賃金の25%割増)

なお,残業代はつぎのように計算します。

1. 自分の給与が1時間あたりいくらになるか計算してみます。
2. (1)時間外労働,(2)休日労働,(3)深夜労働の各労働時間を確認します。
3. 割増賃金の割合をこの時間にかけて,割増賃金の合計を計算します。

たとえば「休日の午後7時から午前0時まで残業していた」といった場合,上記の(1)~(3)が時間的に重複することになります。この場合では,(1)時間外労働と(2)休日労働は複合しないのですが,(1)時間外労働と(3)深夜労働,(2)休日労働と(3)深夜労働は複合しますので,つぎのような計算方法になります。

【(1)時間外労働+(2)休日労働】=休日労働のみの計算で35%割増
【(1)時間外労働+(3)深夜労働】=25%+25%=50%割増
【(2)休日労働 +(3)深夜労働】=35%+25%=60%割増

また,残業代には,給与日から年6%(退職後は年14.6%)の遅延損害金も上乗せされます。

残業代を計算した場合,予想以上の高額となることが多いので,まずは弁護士に相談してみることをおすすめします。

残業代の請求について

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。