労働基準監督署に相談するのと,弁護士に相談するのとでは,何が違うのでしょうか?

労働基準監督署と弁護士のもっとも大きな違いは,請求自体を代理できるか否かという点です。労働基準監督署では,労働基準法にのっとって相談を受けてくれますが,残業代の請求などを代わりに行ってくれる機関ではありません。

その点,弁護士は委任を受け,依頼者の方の代理人として会社に請求を行い,場合によっては労働審判などの法的手続を行うことができます。依頼者の方の中には,労働基準監督署に相談して,ご自身で会社へ何度も請求してみたものの,黙殺されてしまい,弁護士への相談に至る方も多くいらっしゃいます。

労働トラブルをスピーディーに解決するためには,弁護士に依頼することがもっとも有効な手段といえます。

労働トラブル全般について

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。