労働トラブルを弁護士に依頼するメリットは何ですか?

弁護士であれば,あなたの代理人として,相手の会社との交渉はもちろん,労働審判の申立や出廷も行えますし,訴訟のプロフェッショナルとして労働訴訟までも対応することができます。つまり,弁護士であれば,あなたの労働トラブルのすべてについてトータルサポートをすることが可能なのです。

労働トラブルを取り扱う人としては,弁護士のほかに「認定司法書士」や「特定社会保険労務士」がいます。弁護士とこれらの専門職のもっとも大きな違いは,実務上の制限が課せられていないという点です。

「認定司法書士」は,簡易裁判所での代理権しか有していないため,労働審判の代理人になることができませんし,解雇等の地位確認事件を扱うこともできません。これは非常に大きな制限となります。また,「特定社会保険労務士」については,そもそも裁判所等の司法機関への申立代理権がありません。

このように,弁護士以外では,労働トラブルを解決するためのトータルサポートができないのです。

これでは,迅速に対応することが重要な労働事件において,会社側の対応や手続の段階に応じて新たに弁護士に頼まなければならず,二度手間となり,余計なお金や時間がかかってしまいます。

そのため,労働トラブルを迅速に解決するためには,弁護士に依頼することがもっとも有効な手段といえます。

労働トラブル全般について

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。