労働トラブルを争っている間に,新しい職場で勤務することはできますか?

もちろん,労働トラブルを争っている間でも,新しい職場に勤務することは可能です。

退職した後に残業代等の請求をする場合,必ずしも請求後ただちに残業代が支払われるわけではありません。請求をしてから実際に回収できるまでにはある程度の時間がかかるため,その期間の生活費を確保することは大切なことです。

残業代等がすぐに回収できれば問題ないのですが,回収時期は相手の会社の対応によって左右されてしまいます。解決まで何の金銭的な補償もないことを考えると,当面の生活費の確保もなしに労働トラブルを解決することは難しいでしょう。また,生活費のめどが立っていないと,相手方の提示金額が相場よりも低い場合であっても,経済的な事情から応じざるを得ないということも考えられます。

ですので,労働トラブルの満足な解決のためには,新しい職場で勤務を開始し,再スタートを図ることも必要です。

もっとも,不当解雇を争う場合には,手続の途中で再就職をしてしまうと,解雇から再就職までの給与の支払いだけが認められることが多いようですので,その点には注意してください。

労働トラブル全般について

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。