訴訟(裁判)の期日は1回あたり,何時間くらいかかるのですか?

訴訟の場合,1回あたりの時間は,15分~30分くらいであることが多いようです。その期日に何を行うかによっても変わりますが,いわゆる一般的な訴訟手続と異なるところはありません。期日ごとに書面や証拠を提出し,新たな主張を出し合って進行していくことになります。

訴訟手続において,もっとも時間がかかるとされる手続は,証人尋問です。原告,被告双方から証人に対して尋問がなされることになりますから,まとまった時間を必要とするのです。聴取事項が多いほど,証人尋問の時間も長くなっていきます。何を聴取するかにもよりますが,だいたい1~2時間程度かかるといわれています。

訴訟手続は,労働審判と比べて1回あたりの時間が短い点に特徴がありますが,それゆえにトータルでかかる時間は,労働審判よりも,はるかに長いものとなっています。

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。