未払い給与にも時効はありますか?

労働基準法では,賃金等の請求権は2年間で時効にかかると定められています。したがって,未払いの給与についても,給与支払日から2年が経過した時点で時効となってしまいます。ただし,退職金に関しては,金額が高額であり,かつ退職した人が会社に請求することは容易ではないことを考慮し,5年間の時効期間が設けられています。

給与だけでなく,労災補償や時間外割増賃金についても,賃金等と同様に2年間の時効が定められていますので,請求を考えている方は,時効にかからないよう早めに弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。