労働審判を利用しても,解決できないことはありますか?

労働審判は,あっせん等の裁判外での話し合い手続と異なり,話し合いがうまくいかなかった場合でも,そこで審判手続が終了することはありません。労働審判には,大きく分けて,話し合いによる解決と審判による解決があるからです。

話し合いがうまくいかなかった場合,労働審判委員会による審判が下されることになります。審判は,裁判所の判断ですから,判決と同様の効力があります。ただし,2週間以内に異議が述べられた場合,審判は効力を失い,訴えの提起があったものとみなされ,手続は訴訟に移行します。なお,訴訟に移行した場合は,この審判の内容を引き継ぎます。

現在,労働審判を申し立てた件数のうち,約70%について調停が成立しており,和解による解決が図られています。また,調停が不成立になったもののうち約40%は,審判に異議を唱えることなく解決していますので,少なくとも全案件の約80%が,労働審判の手続内で解決を図ることができています。

このように,あっせん等と異なり,審判という形で結論を出し,その大半が解決に至っているという点が労働審判の特徴ですが,異議により訴訟に移行する場合もありますので,必ずしも労働審判のみですべてが解決するわけではありません。

ただし,訴訟に移行した場合でも,審判の内容は引き継ぎますし,労働審判で行われた審議の分だけ,裁判の時間が短くなりますので,労働審判を行ったことが無駄になることはありません。

労働審判について

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。