労働審判は,どんな労働トラブルでも取り扱ってもらえるのですか?

労働審判では,どんなトラブルでも扱ってもらえるわけではありません。

労働審判は,「個々の労働者と事業主との間に生じた,民事に関する紛争」(これを「個別労働関係民事紛争」といいます)を対象として,これらの紛争を適切かつ迅速に解決することを目的とする制度です。そのため,労働者同士の間で起こったトラブルや,使用者と労働組合などの間で起こったトラブル,また刑事事件にまで発展してしまったトラブルについては,労働審判で取り扱うことはできません。

また,個別労働関係民事紛争の中でも,複雑な事件(労災など)は,労働審判による解決に向いていないといわれています。これは,事件が複雑で争点が多岐にわたる場合,迅速に解決することが難しいからです。

労働審判について

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。