• ホーム
  • 労働問題に関するQ&A
  • 雇用契約期間があと少しで終了しますが,会社から「契約を更新しない」と言われてしまいました。私は辞めなければならないのでしょうか?

雇用契約期間があと少しで終了しますが,会社から「契約を更新しない」と言われてしまいました。私は辞めなければならないのでしょうか?

有期雇用契約で期間が満了し,使用者から更新を拒絶された場合を「雇止め」といいますが,雇止めを受けても,辞める必要がない場合があります。

有期雇用契約の場合,原則として期間の満了とともに契約も終了します。ただし,労使の合意によって契約の更新がなされれば,引き続き契約が存続することとなります。なお,使用者には,有期雇用契約を結ぶ際に,更新の有無や更新する場合の基準について,労働者に明示することが義務付けられています。

問題は,今回のケースのように使用者側が更新を拒絶した場合です。この場合でも,これまでに何度も契約の更新を繰り返しており,業務内容も正社員と同様である場合には,有期雇用契約であっても「期間の定めのない契約」(正社員)と実質的に同じだと判断され,「解雇」と同様に更新拒絶が厳しく制限されます。また,契約時の説明や普段の言動などから,合理的に見て労働者側が更新を期待してしまうような場合も,更新拒絶が制限されます。このような場合には,更新拒絶が無効となる可能性があります。

今回のようなケースでも,これまでの経緯によっては,更新拒絶を撤回し,引き続き同じ会社で勤務できる可能性がありますので,まずは弁護士に相談することをおすすめします。

不当解雇や退職について

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。