ケース82 みなし残業代の超過分を請求。弁護士が勤務表から残業代を計算し,360万円以上を獲得!

Jさんの解決事例(男性・40歳代)

ご依頼内容 残業代の請求 雇用形態 正社員

Jさんは,機械設計会社に勤務していました。そこは,長時間残業が当たり前の企業で,30時間分のみなし残業代は支払われているものの,30時間を超過しても,その分の残業代は支払われませんでした。このような状況が2年間も続き,Jさんは体調を崩しがちになり,退職を決意しました。そして,サービス残業分の残業代を支払ってもらいたいと考え,当事務所にご相談くださいました。

Jさんの話によると,以前,社長に労働環境の改善を求めたことがあるものの,まったく相手にされなかったとのことでした。また,残業の証拠として勤務表をお持ちでした。弁護士は,勤務表をもとに未払いの残業代を計算して請求できること,弁護士が介入することで,交渉に応じるようになる会社が多いことをご説明しました。Jさんは,弁護士の説明を聞き,「きちんと残業代を受け取りたい」と当事務所にご依頼くださいました。

ご依頼後,弁護士は勤務表から未払いの残業代を計算し,会社に請求いたしました。すると会社が依頼した弁護士から,超過分の残業代を支払っていないことを認め,支払に応じる旨の回答がありました。その後,残業代の金額についての交渉を行い,最終的に,未払い残業代のほぼ満額である360万円以上が解決金として支払われることで合意に至りました。働いた時間の正当な対価を受け取ることができ,「弁護士に相談してよかった」とご満足いただくことができました。

今回のように,みなし残業代は支払うものの,超過分の残業代を支払わず,従業員にサービス残業を課せている企業が多くあります。しかし,就業規則に定められた,みなし残業代の時間を超過した場合,その時間の残業代も支払われるべきものです。弁護士にご依頼いただければ,会社に対して未払い残業代の支払を強く求め,依頼者の方が残業代をきちんと受け取ることができるよう,全力で交渉いたします。当事務所では,残業代の請求や不当解雇で成功報酬制を採用しております。ご相談も何度でも無料ですので,費用を気にすることなく,まずはお気軽に弁護士までご相談ください。

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。