ケース12 根拠のない能力不足による解雇は不当!弁護士の交渉により,会社からの嫌がらせを阻止し,雇用継続へ!

Mさんの解決事例(男性・30歳代)

ご依頼内容 不当解雇・退職 雇用形態 正社員

Mさんは,コンサルティング会社のシステムエンジニアとして入社し,日々まじめに業務に取り組んでいました。しかし,入社して3ヵ月経ったある日,上司から「仕事の進め方が遅い」と指摘され,「会社を辞めてほしい」「退職届を出すように」と言われてしまいました。

仕事にやりがいを感じ,この会社で継続して働きたいと考えていたMさんは,今後,どのように対応したらよいのかわかりませんでした。そこで,労働トラブルに詳しい弁護士に一度話を聞きたいと思い,当事務所にご相談くださいました。

弁護士が,Mさんから詳しくお話を伺い,会社側の「仕事の進め方が遅い」という主張について,客観的な証拠がなく,注意や指導を受けたことが一度もないため,その解雇は無効となる可能性が高いこと,また,弁護士が会社と交渉することで,会社が雇用の継続に応じる可能性が高いとご説明しました。

ご依頼を受けた弁護士は,すぐに会社側と交渉を始め,Mさんに対する行為は解雇に該当すると主張しました。すると,相手方は「Mさんを解雇したつもりはない。仮に解雇されたとMさんが捉えているのであれば,直ちに撤回する」と回答してきました。その結果,Mさんは継続して働くことができるようになりました。また,今後,不当な手段でMさんに対して嫌がらせをさせないよう,会社側と雇用条件を再確認し,書面を取り交わしました。

今回のように,突然,会社から納得いかない理由を提示され,退職を求められた場合,ご自身で会社側と交渉したとしても,相手にされず,何も解決しないケースがよくあります。弁護士にご依頼いただければ,法律に基づいて相手方へ強く主張することで,スピーディーに解決する可能性があります。不当解雇や退職強要などのご相談は何度でも無料ですので,まずは当事務所にご相談ください。

弁護士 篠田 恵里香

残業代請求のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 残業代請求のご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。