研修期間とは,どういうものなのですか?

研修期間とは,接客マナーや社内でのロールプレイングなど,通常業務を行ううえで必要な教育をするための期間をさします。これに対してよく間違われる言葉で,試用期間というものがあります。試用期間とは,本採用決定前に通常業務を行わせて,その人の勤務態度,能力,技能などを評価し,正式に採用するかどうかを決定するための期間のことです。つまり,研修期間と試用期間の違いとは,通常業務を行わせるか否かにあるのです。

研修期間であっても,その研修が会社側の指揮監督の下,実質的な強制力をもって行われるものであれば,労働時間内に行われたものとして給与が支払われます。いっぽう,その研修がまったくの自由参加で,欠席したとしても何ら不利益な扱いを受けないものであれば,会社側の指揮監督下において労働時間内に行われたものとはいえず,給与の支払がないとしても問題はないと考えられます。

弁護士 篠田 恵里香

労働問題のことなら 何度でもご相談無料

0120-610-241

  • 労働問題・労働トラブルのご相談なら,何度でも無料です!
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
  • 会社に対して,何らかの請求や主張をするお考えがない場合,ご相談をお受けしておりません。あらかじめご了承ください。